着物の髪型ヘアスタイル

アンティーク着物に似合う髪型

なんとか鑑定団でときには数百万円もの値段だつくこともある古着の着物。アンティークと呼ばれる着物ですが、色やデザインや質感がやはり現代の着物とは比較にならないほど魅力があります。


そんなアンティーク着物をもし着る機会があったときには、髪型もアンティークに仕上げたいものです。もちろんロングヘアーが基本ですが、つけ毛を利用してもいいでしょう。アンティーク風にまとめるポイントはふっくら感を出すこと。大正時代の雰囲気でしょうか。竹久夢二の絵を知っている方ならピンとくることでしょう。襟足のあたりにボリューム感のあるまとめ髪です。


まず髪全体にカーラーで巻きクセをつけ、櫛でといてボリュームを出していきます。両サイドから襟足方向に髪を巻き込んでいき、レトロ風の髪飾りで留めます。額の部分はすっきりと、そして後ろにたっぷり。この非対称性が大正デモクラシーを彷彿とさせてくれます。













また逆に、アンティーク着物にアバンギャルドなヘアスタイルをぶつけるのもおもしろいかもしれません。平成と大正のコラボレーションとでもいいましょうか、そのコントラストが織りなす様はたくさんのギャラリーのかっこうのオブジェになること請け合いです。


頭頂部と両サイドの髪の毛を押さえつけて整えながら後方に流し込みます。それらをまとめたら頭頂部でシニヨンを作って毛先でシニヨンを一周させてピンを留めます。かなり長い髪を要しますので、足りないときはつけ毛を使うといいでしょう。シニヨンにネットを付ければヨーロッパ風の雰囲気も出てきます。













もしあなたがショートヘアーでしたら、ここはもう少しヘアアレンジをしてみたいところです。ショートでも工夫しだいではじゅうぶんアンティーク風にまとめることができるものです。レイヤードカットにしている方であれば、前髪を流す方向を内巻きにしてピンで留めますが、クラシックなデザインの飾りピンを使いましょう。こんな簡単なアイディアでいきなり大正時代にタイムスリップするものです。


また、ショートはショートでもボブスタイルもいいかもしれません。前髪とサイドの髪を頭頂部でまとめ、仕上げにシックな色のリボンで飾ります。ポイントはトップにあるていどのボリューム感を出すこと。そして、うしろ髪は襟足で跳ねる感じに少しカールさせてましょう。昔の女学生を思わせるヘアアレンジなので、アンティーク着物というよりも袴(はかま)が似合うかも。
タグキーワード
2011-11-22 13:10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色留袖で行くお茶会のシニヨン

色留袖といえばお祝いの席での着物ですが、知人友人の結婚式やお子様の卒業式などといったイベントだけでなく、最近ではご近所のちょっとしたお茶会にも着る方が増えているようです。とはいえ、髪型はシンプルにまとめてサクッといきたいものです。というわけで、今回は髪飾りや簪(かんざし)を使わないヘアスタイルをご紹介しましょう。


最初に紹介するのは、髪の毛の大きなライン(流れ)を強調した上品でしかも型崩れしにくいシニヨンです。まずは髪の毛全体を差が立たせたら一つにまとめ、その毛束を二つに分けます。ショートヘアの人はそれぞれの手束にフェイク(つけ毛)をからませてシニヨンにしていきます。かなり大きなサイズのシニヨンになりますので、それだけでアクセントになります。











次に紹介するのは、シャギーを使ったデザイン性あふれるシニヨンです。髪全体をムースなどのスタイリング剤でしっとりさせたら、前髪からサイドにかけて編みこみを作っていきます。残った後ろ髪は二つに分け、首幅サイズの小さなシニヨンを作ります。お茶会ではたくさんの人で挨拶しますので、こういった前髪が落ちてこないヘアスタイルは重宝します。
タグキーワード
2011-11-21 19:00 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分でも簡単にできるシニヨン&アップス

結婚式やお葬式などフォーマルな場所への出席となると、どうしても美容室の先生にお願いしたくなる髪のセット。しかし、いつもいつも美容室のお世話になるわけにもいきません。特にお葬式などは急なケースが多いものです。そんなときのために、自分で簡単にできてしまうヘアスタイルをご紹介しましょう。シニヨンやアップスは難しいと考えがちですが、工夫しだいではチョチョっとてっとり早く仕上げることができるのです。


まずは襟足をキレイに見せるセットアップの髪型。両サイドの髪の毛を適量に取り、後頭部で集合させて結びます。後頭部の下の髪を櫛でとかして上にあるまとめ髪に馴染ませます。最後にダンゴ部分を一ひねりしたらピンで留め、その部分を隠すように髪飾りを挿します。











次にご紹介するのはネープシニヨン。まずは髪全体を首のうしろでひとくくりして輪ゴムでポニーテールにします。なお、最初に髪をカーラーで巻いておくとまとめやすくなります。このとき、ほんの少しだけ髪を取り分けておいてそれで輪ゴムを隠すように巻きます。巻いた髪はピンで留めておきましょう。


ポイントは毛先部分を渦巻きのように巻き込んで、その中心にきれいなデザインの簪(かんざし)を挿すこと。これがアクセントとなってシンプルな髪型をとってもオシャレに仕上げます。最初に髪を結わえるときには左右どちらかに寄せておくと簪と挿す位置が作りやすくなります。












さて、お次はトップシニヨンです。手順は先ほどとほぼ同じでして、髪は頭頂部で結わえていきます。まとめた髪にムースをたっぷり塗ったら少量の髪をいくつも取り分けて、それぞれをねじりながら髪の根元でピンで留めていきます。


このトップシニヨンは髪の毛に上方向の流れを作りますので、顔のシワも引っ張られて全体的にとても引き締まった印象になります。また、それと同時に横顔のフォルムも美しく見せる効果があって是非お勧めのヘアスタイルの一つです。
タグキーワード
2011-11-20 22:26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小悪魔ショートヘアで男性を虜にする

着物を着るとどうしても気分が...というより世間体でしょうか、襟足をすっきりと見せる古風な髪型にしてしまいがちです。しかし、ここは逆転の発想で思い切ってモダンな髪型にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。


そう、ショートヘアなんていかがでしょう。着物がそんなにイケてなくても、髪型をショートにしただけで着物がなんだか派手でオシャレに見えてしまうのですから不思議です。


着物とショートヘアのコーディネイトで大事なポイントは、やはり髪のうしろ側にボリュームを出していくこと。これにより、襟足を出したまとめ髪のときのようなアウトラインが醸し出されるのです。つまり、ショートなのにショートのアバンギャルド(最新の流行)を主張しない雰囲気を作ることができます。


前髪はかるく散らすか、または少し横になびかせるていどにしておきましょう。ここもショートヘアのポイントでして、30代や40代の女性でも20代の若い雰囲気を嫌味なく出すことができます。きっと男性の目を奪うこと請け合いです。











また、スタイリング剤を使って様々なヘアアレンジをしてみるのもいいでしょう。ときには髪全体はふんわりと、ときには髪全体を押さえてタイトな雰囲気に。ショートヘアでもけっこういろんなバリエーションが楽しめるものです。


シャギーを入れたり、ヘアマスカラで遊んでみるのもお勧めです。気分がハイテンションになってパーティーなんかではいつもの自分を解放できます。それまでのうっ憤やストレス解消にはもってこい。


ヘアマスカラのコツですが、塗る部分の髪の表面だけにサッと塗ること。サッと塗ってすかさず櫛でマスカラを広げていきます。そうすることでムラのない自然な感じに仕上げることができます。ヘアマスカラはシックな色や柄の着物の方が似合うと思います。髪も着物も派手だとお互いに喧嘩してしまって逆効果になってしまうかもしれません。











いろいろ遊べてしまう着物のショートヘアですが、ここだけはチェックしておいてください。それは襟足です。ショートの場合、意外と襟足がおろそかになってしまうものです。逆にショートだから襟足チェックは入念に、と言っておきましょう。
2011-11-20 10:35 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 着物の髪型ヘアスタイル All Rights Reserved.